ケンケンのイタリア便り

北イタリアでの生活ぶりを愛犬・ケンケンと共に綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヴェローナに行ってきました♪

ピサに行った翌日12月27日は、「ロミオとジュリエット(伊語だとロメオとジュリエッタ)」の舞台になっているヴェローナに行ってきました♪

この日は前日とうって変わって曇り空。。。
もう寒い寒い!!風邪ひきそうな寒さでした・・・

この日は迷う事無くスムーズに駐車場を見つけ、車を停める事ができ、
幸先良さそうなスタートを切りました・・・♪


結構、近代的な感じの街なのね・・・・と思いつつ
20070105182017.jpg

「ブラ門」をくぐり城壁内へ・・・

20070105181904.jpg

早速、アレーナ(円形闘技場)登場!!
20070105181929.jpg

ローマのコロッセオに次ぐ規模と壮大さを誇るそうです。
そうね、確かにローマの方が迫力あったよなぁ~・・・と思いました。

ヴェローナの方は今でも野外オペラが開催されたりして、今も使われているからだろうけど、遺跡なのに妙にきちんと収まっている感じ・・・
そんな所にちっとばかり物足りなさを感じたりして・・・f(^^;)

ちなみにローマのコロッセオはこちら↓
20070105181953.jpg



そして、ローマ時代にフォロ・ロマーノがあった場所のエルベ広場。
20070105182044.jpg

↑16世紀のフレスコ画で飾られたマッツァンティ家の家並みらしい。

20070105182121.jpg

↑広場にあるサン・マルコの獅子を上部に戴く円柱。

アレーナからこの広場に辿り着くまで、ずっとブランドショップが建ち並んでて
人通りも多く「へぇ~。都会なんだねぇ~・・・」と思い歩いてたら
ここの広場では庶民的な店構え(っていうか屋台)。
こういう店を見ているだけでも楽しかったりするね

で、まずは昼時だから食事をせねば!!と食事しにお店に入ったら、
そこのお店、食事が出てくるのがとて~も遅く、
幸先いいはずだったのが、この後、駆け足で見て歩くハメに・・・

で、駆け足状態でまず行ったのが・・・

ジュリエッタの家。
時間もそう無かったので、中には入らず・・・

20070105182215.jpg

↑このバルコニーで、ロメオと恋を語ったそうじゃ・・・って事は・・・
「おぉロミオ、どうして あなたはロミオなのぉ~・・・」
ってあのシーンもここですかね・・・(あっ↑ロミオって書いちゃった

皆さんこのバルコニーから顔を覗かしてジュリエッタ気分で記念写真を撮ってました。

20070105182243.jpg

↑ここにあるジュリエッタの像。
右胸に触ると幸せな結婚ができるらしい。。。
なので皆さん、触りながら記念撮影してました。
皆に触られてツルツルしているよ・・ジュリエッタの胸・・・・

ちなみにジュリエッタの家の入り口にたくさんの落書きが・・・・
20070105182314.jpg

ハートマークが多いところをみると、恋愛祈願か!?
・・・でもこんなことしちゃったらご利益なさそうよね

そこから、ちょっと離れた所にあるロメオの家の外壁。
20070105182338.jpg

上のほうは、こんな感じ・・・
20070105182420.jpg

看板もあったりして・・・
20070105182437.jpg

ロメオのほうは、この外壁を眺めるだけ・・・
だからか!?人が殆んどいませんでした。。。

ここから離れたところにはジュリエッタの墓もあるのですが、
時間がなかったので行ってません・・・。

実際にあった話ではないのに、ここまで揃ってるってスゴイなぁ~!!
物語の舞台となっていることを裏切ってないですなぁ~・・・
ホントにここに存在していたかのようです・・・

ちなみに持っている本によると、ダンテの「神曲」の中の詩と中世頃から存在していたシエナの悲恋話をごちゃ混ぜにして、舞台をヴェローナに移してできた物語があったそうで、それにヒントを得てシェークスピアが書いた物語だそうです。

で、あとはさらに駆け足です・・・

シニョーリ広場にあるダンテ像。
20070105182507.jpg

「う~ん・・・」と考え事しているようです。

20070105182529.jpg

ダンテ像の向こう側、スカラ家の宮殿と左側がコンシリオの回廊らしい・・
スカラ家の宮殿はダンテやジョットが過ごしたらしい。。。

20070105182550.jpg

そして、スカラ家の廟。
なんだか暗くて分からないですね・・・汗。

20070105182617.jpg

中に入れなかったサンタナスターシア教会。

街はこんな感じ・・・

って言えるほどの写真も無く・・・大汗

20070105182638.jpg

歴史を感じさせてくれるような建物が門の向こうに・・・!という写真。

充分に観光できないうちに日が暮れてきてしまいました・・・

20070105182710.jpg

(ちなみにアレーナのまえのブラ広場)


また、行かなくちゃ!!絶対に!!!



・・・・・・・・・・・・


何を食べてて遅くなってしまったかというと・・・


アンティパスト
旦那:ボンゴレとトマト
20070105182737.jpg

旦那いわく「酒蒸しも美味しいけど、是非ワインとトマトで蒸したこちらもお試しください!」
・・・・どうやら美味しかったようです。

私:コッツェのワイン蒸し
20070105182804.jpg

ちょっと塩気が強いかなぁ~・・・と思わなくもなかったけど、ムール貝はクセがなくて美味しい!!これもトマトと一緒だったら、もっと良かったのになぁ~・・私の好みの問題か!?

プリモ
旦那:ボンゴレのニョッキ
20070105182831.jpg

旦那いわく「ボンゴレ味はボンゴレ味だけど、期待以上にニョッキがフレッシュパスタらしい歯ごたえで美味しかった!」・・・そうです。

私:トマトとポルチーニと魚のストロッツァプレティ(って読むんだと思う・・・)
20070105182849.jpg

白くぽろぽろして見えるのがお魚で(わかりにくいけど・・・汗)、このちょっと風変わりな生パスタがストロッツァプレティ。このパスタ食べたの今回が初めて!!
見た目地味だけど、美味しかった!!

そうそう、「とても待たせてしまっててゴメンネ~・・・」ってサービスしてくれたブルスケッタ
20070105182912.jpg

もちろん美味しかった♪

とりあえず、開いてるお店!!!と思って入ったお店。。。
入ってからわかった!ここはシーフードが得意なお店だったってことを・・・!!
美味しかったからよかった♪

ちなみに、お店はこちら

Nuova Veron Antica
Cucina e Traduzione
Via Sttoriva, 10/a –37121 Verona
Tel./Fax 045-8004124
www.nuovaveronantica.com

お料理が出てくるのが早かったら言う事無かったんだけどな・・・
きっと年末で暇だろうからって厨房に人があまりいなかったんだろう・・・・



・・・・・・・・・・・・

この翌日。

ケンケンを2日続けて長時間のお留守番をさせてしまったので、
この日は家族3人でまったりのんびりと近所のお散歩しに行ったりして、
ケンケン孝行!?して過ごしました。
20070105182935.jpg


20070105182953.jpg

ケンケン「なんだか、この散歩でごまかそうとしてるな・・・・!!


いやぁ~そんな事ないよぉ~・・・

といいつつこの翌日にはベルガモに行ったのであった・・・
スポンサーサイト

| お出かけ | 20:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ブラ門」

あの~、「ブラ門」って省略形ですよね。だとしたら正式名称教えて下さい。
私、こういうアーチを描いた門が大好きなんです。ストックホルムでも一番惹かれる場所が国会議事堂の門。
前回にひきつづき素敵な写真がいっぱいで、まるで旅行したかのような気分です。
う~ん、ますます行ってみたくなりますね、イタリア。
それと実在していないのにジュリエットの家まであるのには驚き!!
銅像を見る限り、ジュリエットはスレンダーですね。どうもオリビア・ハッセーのグラマラスな印象が強くて・・・(相変わらず考えることが古いな~)。
さて、お次はどちらの街でしょう。楽しみに待ってまーす!!

| miwa | 2007/01/06 07:56 | URL | ≫ EDIT

歴史を感じる街!

イタリアはどこへ行っても歴史を感じるけど、その古い歴史と現在の生活とが共存しているところが凄いなぁと思います。日本だと京都には古い家並みが残っているけど、大抵は壊されて新しい街並みになってしまっているので、昔住んでいた所が懐かしいと思って行ってもまったく違う街が出現してしまってがっかりすることがありますよね。
これはやっぱり石の文化と木の文化との違いなんでしょうね。だからヨーロッパに行くと古い歴史が息づいている事に感動するのよね。それにしても確かにロメオとジュリエッタは実在の2人に思えます!!お墓まであるなんて・・・凄い。

| 愛ちゃんママ | 2007/01/06 11:00 | URL | ≫ EDIT

miwaさんへ

ブラ門、もう1度ガイドブックとにらめっこしてみましたが、「ブラ門」でいいみたいです。地図にも「Portoni di Bra」って書いてあるんで。。。(Portoneは表玄関とか表門、大門と言う意味だそう)
門というと、どうやらローマ時代の門の正面を残す「ボルサーリ門」というのがあったそうです。今回見てないので、次回は見に行かなくちゃ!!と思ってます!(←すっかり次も行く気になっている)

| よーこ | 2007/01/07 21:56 | URL | ≫ EDIT

愛ちゃんママさんへ

ホント、古い歴史と現在の生活が共存してますよね!
古い歴史ある建物や遺跡やら・・・その隣で現在の新しい生活がある・・っていのにすごいなぁ~と感動しましたよ!!
あと、チョコチョコとイロイロな街に出かけましたが、同じイタリアでも街によって趣が違うなぁ~と思いました。
元々がたくさんの都市国家があって、それが統一されていってできた国なんだなぁ~いうのがよく分かるって感じです。あと、いつの時代に何によって栄えたっていうのもあるのかなぁ~・・・難しいことはよく分からないが、そこが面白い!!とも思いました!

学生時代、歴史好きだったんですが、今となっちゃすっかり忘れてしまってるうえに憶えられなくて・・トホホです・・・涙。

| よーこ | 2007/01/07 22:24 | URL | ≫ EDIT

ブラブラブラ門。

ヴェローナにも行ったけど、ブラブラブラ門(しつこい?)は気付かなかった。。(;¬∀¬)ハハハ… まっ次回の宿題ってことで。
ジュリエッタのお胸に触らなかったとは!私はしっかりタッチしてきましたよぉ。タッチ写真もばっちりと(笑)ただの変態オバサンですが、なにか?
ボンゴレのニョッキが気になるぅぅ!!

| SOLE | 2007/01/10 01:03 | URL | ≫ EDIT

SOLEさんへ

ブラブラブラ門、ちょうど町の入り口ですぅ~!!って感じでしたよ♪また今度、ブラブラ~って行ってみてね♪

ジュリエッタの胸、どこの国の人もみんな、胸をがしっと掴みタッチしてニカ~ッって笑顔で写真撮ってたよ。私は、もういいやぁ~結婚しちゃってるし。。。っているやる気の無い観光客でしたe-263
カップルだったり女の子同士だったら、なんかわかるわ~って思うんだけど、ゴッツイお兄さん2人組が一緒に触って写真撮ってるのには、ある意味、怖かった。。。

| よーこ | 2007/01/10 06:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kenkensole.blog74.fc2.com/tb.php/54-ce862d91

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。